のんべえ女子のアウトドア: 梅雨時キャンプの楽しみといえばホタル☆

投稿日: カテゴリー: Column, Outdoor Cooking

梅雨明けが待ち遠しいこの時期、キャンプでおすすめなのが”ホタル”ウォッチングです。梅雨時は敬遠されがちなキャンプですが、その時期にしか楽しめないものがあれば、キャンプに行く理由も楽しみも2倍に膨らみます。昨今では、中々ホタルを見れる場所も限られていて、ホタルを知らない子供も多いのではないでしょうか?

いざ伊豆へ、ホタルを目指して

そんなこんなで、私が先週末に訪れたのは伊豆にあるその名も伊豆自然村キャンプフィールドです。このキャンプ場には、ホタルの餌を養殖している施設があり、6月~7月頭にはホタルが乱舞することで知られています。

伊豆スカイラインの道すがらにあるこのキャンプ場は、最低限の設備が整った心地のいい場所でした。トイレ、炊事場も程よい距離にあり、川のせせらぎを聞きながらこじんまりとキャンプを楽しめます。
20160702_141116

私たちは今回大人女子2人、子供2人でのキャンプだったので、最小限の設営で済むよう持ち物を準備し、早速出発。東京から3時間半で到着しました。

何も遮るものがない中での設営。汗と日焼けを気にしつつ、1時間くらいで全てのセッティングが完了。腹ペコキッズのために、お昼ご飯を作ります。青空キッチン、ちょっとしょぼいです。。。
20160702_142845

お昼ごはんの後は、近辺の散策に。川が流れているので、子供でも遊べる浅瀬の水場でしばらくカニを取ったり、魚を探したり。
川の水は冷たかったのですが、しばらくすると慣れてきて、大人も一緒になって必死でカニを探します。

Dinnerのあとは、お楽しみのホタルタイム&焚き火です。
実は6月最終週がホタルの最盛期だったようで、チェックインの時に管理人さんから、今日は見れるかどうか、わからないと言われていたので期待は薄かったのですが、川沿いにぽつぽつと、そして目の前をふわふわ飛ぶホタルに会うことができました!キッズは、星とホタルを間違えて「ホタル、ホタル!」と星を指差してましたが(笑)焚き火は癒しの時間。火をみながら、語り合う時間は何よりの贅沢です。
20160702_223243

焚き火をのんびり楽しんで最後の薪が終わると、就寝。
今回エアベッドを2個持ち込んだのですが、サイズを間違えていてテントに合わず、私は斜めになったエアベットで斜めになりながらの就寝。

翌朝、暑いなーと思いながら起きると、キッズがおなかをすかせて朝ごはんを待っているところ。朝は簡単にホットサンドで済ませることに。

朝ごはんを食べてまったりした後、撤収に取り掛かり、熱海を経由して湯河原で温泉に入り、帰路につきました。

のんびりした時間の中でホタルも見れて、子供も大人も大満足の1泊2日でした。

この時期のキャンプには、ホタル鑑賞をアジェンダに加えてみてはいかがでしょうか?自然の醍醐味を味わえる、オススメのアクティビティです。

今回のキャンプの献立はこちら。

オムライス

お昼ごはんに作ったオムライスは、手早く作れてリピート間違いなしの一品。子供がいると特に喜ばれます。今回の具は、ハムと玉ねぎとにんじんとピーマン。ケチャップとコンソメで味付けしたチキンライスならぬハムライスに、たっぷり卵をつかったオムレツをかぶせて、ケチャップをかけて出来上がり。

BBQ (地中海風ブロシェット)

ディナーにはブロシェット。これぞBBQという分かりやすい華やかさがあります。金属の串に刺す具と味付けで雰囲気もがらっと変わって、BBQパーティーにおすすめの一品。今回私は地中海風を作りました。
具は、エビ、プチトマト、パプリカ、ズッキーニ、鶏もも肉。
これを順番に串刺しにし、味付けは、オレガノ、塩、胡椒のみ。
いい具合に焼けたら、レモンを絞って完成です。
20160702_200159

20160702_190749

ハムとチーズのホットサンド

ハムととろけるチーズを贅沢に使ったホットサンドが朝ごはん。
シンプルだけど、間違いなくおいしいです。ハム3枚ととろけるチーズ2枚をはさんで、ホットサンドメーカーでじっくり焼き色をつけたら出来上がり。

ハムとチーズをたっぷり使うのがおいしく仕上がるコツです。粗挽き胡椒を振りかけておけば、ちょっぴり大人の味に仕上がります。

今回は全体的に時短、簡単が合言葉になる献立となりました。
次回は、少し手の込んだアウトドアグルメを作ろうと思案中。
美味しい料理ときれいな星空に早く癒されたい!!とキャンプ妄想で自分をごまかして今日も働きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です