2016.08.20(Sat.)-21(Sun.) The Caravan Party #1 @ The Southern Peninsula

投稿日: カテゴリー: The Caravan

前回の投稿で触れた”The Caravan Party”であるが、11月に開催したパーティーはこの1回目ありきのものである。当時は訳あってレポートできなかったのだが、情報解禁できるようになったので今回レポートしたい。

記念すべき第1回”The Caravan Party”

The Caravan Party #1_02私たちWonder Wanderersは「何もない贅沢」を自ら愉しみ、そして皆に伝えるべくアウトドア活動を行っている。私たちの定義する「何もない贅沢」とは、自然環境という極めて文明から乖離した「何もない」環境だから”こそ”感じることのできる、かけがえのない人とのつながりや自然の素晴らしさといった、”普遍”の「贅沢」のことである。

The Caravan Party #1_03これまでfacebookやinstagramなど、様々な手段で情報発信をしてきた。それを見聞した多くの友人が実際に体験したいというので、私自身も皆でキャンプパーティーを愉しみたいと思ってたこともあり、今回開催する運びとなった。

The Caravan Party #1_01今回のコンセプトは、「夏を最高に堪能する瞬間」を皆で共有することだ。

南伊豆の秘境の地、”The Southern Peninsula”で

The Caravan Party #1_06夏を最も夏らしく楽しめる地ということで色々と検討した結果、南伊豆で開催することに。会場は南伊豆の秘境”The Southern Peninsula“。ここは一日一組限定キャンプ場を伊豆や長野で展開しているVILLAGE INC.が新しくプロデュースするアウトドアフィールドである。情報解禁前に特別に使用させてもらった経緯があり、レポートできなかった。

The Caravan Party #1_04“The Southern Peninsula”、このアウトドアフィールドは「やばい」という言葉がぴったりである。類まれな地形とワイルドさ、それでいてシャワーやトイレ、キッチンといった充実したファシリティーが設けられている。

The Caravan Party #1_05秘境感たっぷりのすり鉢状のフィールドにはウッドデッキが設けられており、素晴らしい見晴らしの下に幕営することができる。こんなにワクワクするアウトドアフィールドが他にあるだろうか。まだ未完成の時に無理言って使わせてもらったので、まだ完璧な状態ではなかったものの、既にこのアウトドアフィールドの「ヤバさ」はしっかりと垣間見ることができた。

Canvascampの設えで最高の環境を

The Caravan Party #1_08VILLAGE INC.のアウトドアフィールドということもあり、当日のパーティーでは同社が取り扱っているCanvascampを惜しみなく使用させてもらった。

The Caravan Party #1_09まずはメインエリア、ダイニングスペースは”Capri 6×9″を。テーブルは電線が巻かれていたドラムを寝かせてテーブルに。ラウンジスペースはおなじみ”Starshade 1300 Pro”に”Tipi 500″をドッキング、DJブースを設置した。周囲に何もないこのキャンプ場は、音量も気にせず出すことができるので、パーティーには最高のロケーションである。

The Caravan Party #1_10テントは”Sibley Ultimate Pro”を。コットン100%ベルテントのSibleyは、ワイルドな風景に実によく似合う。コットンのナチュラルな色味と森林のワイルドな緑は非常に相性が良い。換気性にも長けているので、夏でも蒸し風呂になりにくいのがこのテントの強みだ。

料理とお酒、音楽も抜かりなく

The Caravan Party #1_11キャンプと言えばBBQ、というのは面白みにかけるだろう。私たちWonder Wanderersでは、普段のレストランで食べられるような料理をアウトドアテイストに仕立て上げ、ビュッフェ形式で提供した。The Southern Peninsulaには、自宅よりも優れたキッチンがあるので、料理が捗る。冷凍ストッカー、大型クーラーボックスも設置されているので、大人数用の食材の保存にも頭を悩ませる事はない。

The Caravan Party #1_12音楽は世界で活躍するKnock(Sound Of Vast)と、国内で精力的に活動を展開している”Candy Boyz”のNakagawaとGenki Tanakaの3人が、この日限りで結成したユニット”ZiraSole”や、旧Warehouse(麻布十番)で多くのクラウドを魅了し続けたパーティー”in the House”主宰のKenji、Kasahara(SYMPATHY / Liberty)が出演した。

The Caravan Party #1_13それぞれの個性が弾けるプレイで、お酒は進み、キャンプ場は大いに盛り上がった。

皆で「何もない贅沢」を

The Caravan Party #1_14自然の中に気兼ねない仲間たちだけ。そんな空間で私たちは「何もない贅沢」を堪能した。都会には無い、自然と人との融合によって生み出されるこの唯一無二の贅沢な瞬間は他には代えがたい最高の時間である。

The Caravan Party #1_15今回は50名弱でのパーティーだったが、一丸となってこの瞬間を愉しむことが出来た。最高の2日間であった。

The Caravan Party #1_16私が求めていた瞬間がそこにはあったと思う。

The Southern Peninsula

The Caravan Party #1_17野性味あふれる南伊豆の大人の秘境、”The Southern Peninsula”は現在プレオープン営業中だ。この広大な敷地を貸し切れる体験はここだけであろう。

あっという間に予約で埋まってしまうVILLAGE INC.のアウトドアフィールドなので、今のうちに堪能するのがおすすめである。

> VILLAGE INC. (http://villageinc.jp/)
> The Southern Peninsula (http://southern.villageinc.jp/)

南伊豆までは少々移動に苦労することは否めないが、行ってよかったと誰もが思うであろう世界がそこには待っている。まだ暖かい日があるらしい。ここはまさに、東京から行ける最も近いワイルドリゾートなのではないだろうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です